診療の流れ

診療の流れ

Step1:予約

(当院は完全予約制となっておりますお電話にてご予約ください)

Step2:来院、問診票の記入

記入していただいた問診を元にお話を伺います

Step3:主訴への対応

困っているところを治療

Step4:検査

全身、顏、お口の中の写真を撮る
歯周病の検査
レントゲンを撮る
必要なら歯型を取ります

Step5:診断、検査結果の説明と治療方針の提示

Step6:治療

Step7:メインテナンス

普段、生活の中でこのような事をしていませんか?

頬杖やよくない睡眠姿勢のように、中・下顔面に外から悪影響を及ぼす力を加える生活習慣の事を態癖(たいへき)と言います

ご自分、あるいは近くにいる方のお顔を見てください。
よく見ると左右で目の大きさが違っていたり、口角の高さが違う事があります。
上の絵のような事を続けていると、アゴや歯列に影響し不正なかみ合わせになり
その結果片方だけで噛むようになったり、食いしばったりします。

噛む筋肉はお顔の筋肉の中でも大きな筋肉なので使いすぎると太くなりすぎ、アンバランスが生じます。
お顔が非対称であることはかみ合わせの問題を抱えていると言えます。
ですから、態癖に気づいてもらい改善していただくことは治療と同じぐらい大切なことなのです。