歯周病について1

歯周病について

1.歯周病とは

歯と歯茎の間で繁殖した細菌が歯を支えている組織(特に骨)を破壊するのが歯周病です。
歯周病は、歯を土中に打ち込まれた杭だと思えば理解しやすいのです。
つまり、歯周病で歯がやられるのは土地がぬかるんだために杭がグラグラするようなものです。
ですから、ぬかるみを排除すれば良い、つまり歯周病の治療は細菌を除去するのが原因療法になります。
口腔清掃が大切な所以です。
また、あまりに無理な力がかかると倒れてしまう点も杭と同じです。
噛み合わせに配慮する事も治療上のポイントです。

2.歯周病は治せます

歯科界の長く地道な努力の結果、歯周病は治せる病気になりました。
予防、治療、メインテナンスどの面でも対応が可能な時代になったのです。

ただし、歯周病は慢性的に進行する疾患であるため治療には息の長い取り組みが必要です。
ポンと治る、というワケにはいきませんが、取り組んだだけの成果は必ず現れます。
また、歯周病の生活習慣病としての性質上、歯周病にかかり易い人は生活の改善が必要です。

3.望まれる早期発見、早期治療

歯周病に気づくのは
・口臭
・歯肉の腫れ、痛み
・歯がグラグラして噛めなくなってしまった
・歯磨きなどで出血するようになった
などによることが多いですが

通常、これらの症状はかなり進行して初めて現れます。
歯周病は自覚症状が少ないので軽症の間は分かりにくいワケです。
早期発見、早期治療が望まれる理由です。

4.不思議ですね

歯周病に罹った根面の総面積が葉書のほどの広さがあったという研究があります。
身体の他の部分にそれほど大きな膿と悪臭を放つ病巣があったらそのままにしておく人はいませんね。
見えないからでしょうか?

5.歯周病の3つのタイプ

  1. 不潔性の歯周病
  2. 免疫力が低く全体的に重症化するタイプ
    (特徴は細菌が少ないのに進行する)→ 全身の抵抗力をつけ→ 徹底した口腔清掃を行う
  3. 咬合性外傷:強い力に負けてグラグラになるタイプ
    (その歯だけが特に進行するのが特徴)→ 歯周治療に並行して咬み合わせの治療が必要
    この分類法は学術的なものではありませんが、実際の治療にあたっては、この分類の方が患者さんにとって理解しやすく、治療効率も良く実戦的です。

タイプ1 不潔性の歯周病

歯周病は細菌が歯と歯茎の間で繁殖して歯を支える組織(特に骨)が破壊される病気です。
ですから細菌除去が歯周病の原因療法です。

初期的な段階では
口腔清掃の不良な部位に歯周破壊が生じますので、まず口腔清掃を身につけ歯石除去などの歯周治療をすれば治ります。

進行したケースでは
初期治療で治り難かった部位については歯周外科を行います。
治癒後は定期的な手入れによって健康な状態を維持し、再発防止に努めます。

タイプ1 不潔性の歯周病の例

右上の磨けている部分は健康なのに、下の前歯の歯肉は赤く腫れています。
ブラシが当たっていないので、歯垢と歯石が沈着しています。

歯ブラシと歯石除去だけでこんなにきれいに!

不潔性の歯周病は、貴方がしっかり取り組めば治るのです。

タイプ2 免疫力が低く全体的に重症化するタイプの歯周病

タイプ2 免疫力が低く全体的に重症化した症例

  • 歯垢が少ないのに進行するのは身体の抵抗力が低いからです
  • 抵抗力が低いので歯茎が腫れる力がなく、赤みも少ないのです
  • 油を引いたみたいにヌメ~ッとした歯肉の感じは喫煙者の特徴(タバコは歯周病のリスク要因)です
外見に比べて進行している

全体的に骨が溶けている

赤い線:標準的な骨レベル
黄色線:骨が溶けている

特にの部分は噛み合せが厳しいために骨の吸収度が強く、ブラブラの状態
抜歯せざるを得ませんでした

この人の生活状態は…

・ハードな毎日、疲れ気味
・出張が多く、外食が多い
・歯ブラシをする意欲も出ない

・喫煙 :一日20~30本
・顔色が悪く、各種の生活習慣病を疑われる
・病気は認識の程度に罹り、認識の程度に治る

罹りやすく治りにくい人の特徴

・糖尿病、高血圧などの基礎疾患がある
・喫煙
・食生活の乱れ
・歯を磨かない
・口の中がガタガタになっても放置している
(残った歯への負担過重の度合いが強まり、次々と歯を失われる、咬合崩壊の状態)

タイプ2 免疫力を向上させて成功した例

治療前(左)はボソボソだった骨が治療6年後(右)はとてもしっかりして緻密になっています(最後臼歯は抜歯)
歯槽頂部の骨の連続性もきれいです
こんな重症例でも治せるのです

この患者さんの取り組み

この患者さん(初診時49歳の主婦)は様々な体調不良に悩み、歯周病に抵抗力の弱い人の特徴(細菌の少ない割りに全顎的に骨吸収が進行)がありました。
この方の場合、歯周治療に先立って抵抗力のある健康な身体を取り戻すことが望まれました。
このことはご自分でもよく分かっておられましたので、私たちのアドバイスにそって食生活、運動、休養など生活全般にわたる改善を進めて行き、それに歩調を合わせながら歯周治療を行いました。
2年を要して治療終了、術後11年の今も経過良好なのはもちろんですが、生活改善により軽度の貧血も改善されて、心身ともに以前とは比較にならないほど元気になりました。

タイプ3 咬合性外傷:強い力に負けてグラグラになるタイプの歯周病

どの歯もひどい歯軋りで歯が磨り減っているのに歯周組織は健康です(この人はもともと歯周病の抵抗力は強いのです)
特に強い力を受けた黄色→の歯だけが重度の歯周病です(咬合性外傷)

タイプ3 咬合性外傷の例

黄色の矢印の歯だけ骨が溶けていてグラグラしています
歯軋りがあり、特に強い力がかかっていました

噛み合せの治療がカギ

他の歯は健康なのにその歯だけ歯周病が進行しグラグラになっているのはだいたいこのタイプで、細菌感染と強い力のダブルパンチを受けたことによる歯周破壊です。
こうした症状の多くは咬合崩壊の過程でみられ
・噛み合せが悪く、その歯だけで噛んでいる
・左右どちらかだけで噛むクセがある
・入れ歯のバネをかけた歯
・歯軋り、噛む力が非常に強い人・・・に見られます
なので、このタイプの人にはむしろ噛み合せの治療の方が重要です

6.歯周病の治療のタイミング

チキンの骨

チキンの骨は外側に硬い骨(皮質骨)が取り巻いていて、中はボソボソの骨(海綿骨)になっていますね。
歯周病は通常30代、40代から始まりますが、それが外側の骨が溶け始める年齢にあたります。
いったん外側の硬い骨(皮質骨)が壊されると堤防が決壊したように骨の吸収がどんどん進行する事があります。
本当はもっと前から兆候があったはずですが、ここで治療を開始すればまだ間に合います。

7.平野歯科医院の歯周病治療

歯周治療の5段階システム

どんな病気でも自然治癒力を利用しながら治すのが一番だと思います。
平野歯科では歯周病の治療を、段階をひとつひとつ経て進めるシステムで行っています。
段階を追って進めることによって、身体の反応を診ながら自然体の診療を行うことができます。
やり残し、見切り発車などの過不足が少なく、より安全で効率的な診療ができます。
当院で歯周治療を始めた1980年頃、いくら私が頑張っても治療中断が続出していました。
「何故なんだろう?」…悩みました。
そんな時、ある歯科衛生士の言葉にハッとしました。
「先生のご指示の目的や理由が分からないので私はいつも迷っています」彼女はそう言ったのです。
治るまでに長い時間がかかり、辛抱も要る歯周治療なのに、私は患者さんにもスタッフにも内容を伝えずに唯我独尊でやっていたのです。

  • ・自分の歯周病がどんな状態で
  • ・どうしてこんなになってしまったのか
  • ・どんな理由で何をしなければならないのか
  • ・どれくらい大変なのか
  • ・治るまでにどれだけの時間やお金がかかるのか

このような知識を何も与えられず、黙って治療について行くのはとても大変だったでしょう

5段階システムの説明

全ての患者さんにお渡ししています

各段階のねらい

1段階:貴方の病状どんな具合なのかを自分で知り、
口腔清掃が自分の役割だという事を認識する。
口腔清掃のトレーニングを行い、それに合格したら2段階へ。
2段階:歯石除去
3段階:歯周外科/インプラント/形成外科
4段階:矯正治療/補綴
5段階:メインテナンス

5段階システムによる治療例

1段階

腫れてブヨブヨの歯肉
口腔清掃が原因療法であることを知り
その技術と習慣を身につける

2段階

歯ブラシトレーニングに合格した
歯肉の腫れ、ウミ、口臭が少なくなっている
ここで初めて歯石除去を行う

いきなり歯石除去ではダメ?

歯石除去はヘタをすると根面にキズをつける行為でもありますから、歯肉から出血しやすい状態でいきなり歯石除去を行うのは得策ではありません
歯ブラシが出来ないままで歯石除去しても、歯垢lを取る技術が無ければ、再び細菌が繁殖し、歯石が沈着してしまいます
ちゃんと口腔清掃に合格して、歯肉の炎症が少なくなった状態で歯石除去をすれば出血や腫れが少ないので正確な処置が可能です
しっかり口腔清掃し炎症が治まってから歯石除去をすれば再沈着せずに済みます
きちんと口腔清掃が出来れば歯石は出来ないのです

3段階

右下の深い骨欠損部に歯周外科を行った
術後きちんと清掃することによって歯肉は回復してくる
その間に歯並び矯正、咬合調整などを行う

4段階

治療終了時
ここからメインテナンスに入る

5段階

治療終了から17年後(2007年現在)
治療時の状態がほぼ保たれている
メインテナンスの威力

術前後20年のレントゲン写真

よく手入れをし、機能していれば歳をとっても骨は痩せない!

初診 1988年
20年後 2008年
このシステムのメリット

患者と術者の双方が診療内容、方針、治療目標などを共有できるので、共通の価値観や目標を持って診療を進めることができます
そのためゴールへの到達率が向上し、より高い治療レベルへ達成できます

8.メインテナンスの話

治療効果を長持ちさせるコツ

昔は治療が終わったら「またどうかあったら来てください」などという会話をしていました
再び患者さんと顔を合わせるのは嬉しいことではありますが、現実にはまた悪くなったから合えたのです
これで本当に喜べるワケはありません

いま、メンテナンスをすれば“悪くならない”ことが分かってからは治療後そのままメインテナンスに移行するシステムに変りました
メインテナンスによって再発が少なくなり、仮に再発しても小さい内に対処できるようになって、治療後の長持ちが飛躍的に向上したのです

このHPの症例の多くが長い経過であるのはメインテナンスによるところが大きいのです

メインテナンスのポイント

ちゃんと口腔清掃が出来ているか
歯石ではなくコケのように沈殿した細菌叢をクリーニングする
歯に無理な力がかかっていないか(噛み合せのチェック)

メインテナンスの威力

歯周病は治せる。維持できる疾患です
初診 1986年
治療終了時 1988年
20年後 2008年

この人は中程度の歯周病で、既に何本か歯を失っていました
治療を行い、その後のメインテナンスを続けて、今も不具合なく食べられています

よくある勘違い

「定期的に歯石を取ってるから大丈夫」
何もしないよりマシですが
歯石は口腔清掃が出来ない部位に形成されます。
歯垢が蓄積した所にカルシウムなどが沈着して出来るのが歯石なのです。
ということは
歯石が出来てから除去するよりも、歯石が出来ないように正しい口腔清掃を身につけることが本筋だと思いませんか?

9.歯周病と全身

歯周病と全身病の関係は、近年になって本格的な研究が行われるようになり、歯周病が従来考えられていたような口の中だけの病気ではなく、さまざまな全身病を起こりやすくしていることが分かってきました。
特に、糖尿病の合併症と歯周病の合併症は重なり合う部分が非常に大きいことが分かってきました。
糖尿病患者さんの歯周病は治りにくくて再発しやすい、というのが私の治療実感です。
このような方には歯周治療に並行して糖尿病治療をお薦めしています。

糖尿病の合併症

網膜症、腎臓病、神経障害、動脈硬化、心臓病
脳卒中、歯周病、感染症にかかりやすい

歯周病の合併症

高脂血症、高血圧、骨粗鬆症、高血糖昏睡、妊娠による糖尿病の悪化や胎児母体のトラブル

10.歯周病は生活習慣病

抵抗力が弱い人は罹りやすくて治りにくい。
重症歯周病の人は食生活、運動、休養など生活習慣を見直しましょう。
基礎疾患、禁煙などへの配慮が大切です。

11.大元をみる・そっくり治す

数年前私は、人間ドックで脳梗塞という診断を受けました。脳の中にまるで星をちりばめたように小さな梗塞がたくさん発見されたのです。
医師からは血流を改善するクスリを薦められましたが、そのクスリには肝臓を悪くする副作用のあることが知られていて、もし肝臓が悪くなったら今度はその治療のためのクスリが必要になる可能性があるとの事でした、治療の連鎖です。
全ての診療行為は、それを用いる事によるメリットとデメリットを天秤にかけて、メリットの方が多いと思われる時だけにその診療を行うのが原則です。
私はもっとストレスの少ないライフスタイルに生活を変える事を医師に約束して、血流改善剤の使用はしばらく見合わせさせてもらう事にしました。
それまで忙しすぎる毎日を過ごしていた私は、いっぺんに何もかも変えるのは難しくても、出来ることから一つずつやってみることなら可能かも知れないと思い、少しずつ取り組みはじめました。
仕事の分量を減らし、研修会などへの参加も月に2回以内に限定するなど心身への負担を減らす一方で、毎朝の散歩などリフレッシュにつながる暮らし方を取り入れたのです。

私は患者さんにも当院の診療を通して、元気になっていただきたいと思っています。
とりわけ歯周病は身体の抵抗力によって進行や治りに大きな違いが出る病気ですし、糖尿病など多くの全身疾患と様々な関わりがあります。
逆に考えれば、歯科に限定して治療することは苦労のわりにメリットが少ない、という結果になってしまう可能性が高いと云えます。
ですから、歯周病のような生活習慣病において、出来るだけ少ない治療介入で、出来るだけ大きな治療効果を得るためには、生活習慣を見直すことが大きな意味で原因療法だと思うのです。
このようなことから、当院では食生活、仕事、運動、睡眠、休養など直接には歯科とは関係のなさそうな事柄にまで踏み込む事が少なくありません。
「大元をみる」「そっくり治す」というのはこう云う事だと思うからです。